レンタルオフィスの基礎知識

レンタルオフィスとは

レンタルオフィスは、賃貸物件の1室やビルのワンフロアなどを貸りるのではなく、1室をさらに小さな部屋に区切ったり、パーテーションで仕切ったりして、そのスペースをレンタルする賃貸システムのことです。 レンタルオフィスの利用者は、事務所を借りるのに比べて賃料を低く抑えることができ、 更にビジネスを行なう際に必要な机等の備品や応接室、 インターネット環境なども完備されている場合が多く、 設立して間もない起業家や個人事業主はもちろん、中小企業の支社として利用されることもあります。

レンタルオフィスの基本スタイルは、専有スペースに個室や机などが用意され、フロアの入口や応接室、会議室、給湯室、トイレなどについては他社と共有するのが一般的です。 個室の構造も様々で、しっかりとした造作壁で作られたものから、 パーテーションを利用したものやスタンド型パーテーションで目隠した程度のものまで様々で、 サービスについても、オフィスの利用のみから、オプションとして受付代行や電話対応、簡単な入力作業など、 業務に必要なサービスを有料で利用できるところまで様々ですので、利用に際してはレンタルオフィスに詳細を確認することが望ましい。

レンタルオフィスの一般的なサービス

レンタルオフィスを利用する場合、 基本料金に含まれるサービスとオプション料金となるものがあり、レンタ
ルオフィス運営会社の中でも無料・有料の区分が異なります。また、「○時間までは無料、○時間を超えるル
利用については有料」 という場合もあるので、検討段階でよく内容を確認する必要があります。

【基本料金に含まれることが多いサービス】
 ・高速ブロードバンドインターネット環境
 ・専用デスク、キャビネット
 ・受付案内サービス
 ・郵便物の受取・保管・転送
 ・住所や専用電話番号の使用
 ・他の電話(固定・携帯)への転送サービス
 ・待合室の利用
 ・男女化粧室

【オプション料金に含まれることが多いサービス】
 ・FAXの送受信
 ・事務機器(コピー機、プリンター)の利用
 ・郵便物の転送費用
 ・宅配便の保管、発送費用
 ・転送電話の通話料金
 ・ドリンクサービス
 ・応接室、会議室の利用
 ・法人登記の住所利用
 ・会社ネームプレート
 ・アウトソーシングサービス(弁護士・税理士等の紹介)
 ・エアコン、水道、給湯、電気
 ・冷蔵庫やコーヒーメーカーのレンタル

契約までの一般的な流れ

一般的なレンタルオフィスの賃貸契約は下記のような流れで行なわれます。

1. 問い合わせ

 電話やメールでオフィス(空室情報・部屋情報・オプションサービスの内容等)について問い合わせる。

2. 見学

 利用を希望しているレンタルオフィスを見学。

3. 利用申込み

 利用したいレンタルオフィスが決まったら、レンタルオフィス所定の申込み用紙に必要事項を記入して必要
 書類と一緒に提出。

4. 審査

 レンタルオフィス事業者の入居審査(通常1〜2日程度)。

5. 契約手続き・入金

 契約書に署名捺印し、初期費用として保証金や利用料金などの支払い。

6. 利用開始

 オフィスの鍵、利用契約書、利用規約等の受け取り。

 


信頼と実績のあるレンタルオフィス。簡単 便利な「レンタルオフィス見積.jp」HOMEに戻る
ワンランク上の営業代行会社をお探しなら、簡単便利な「営業代行比較ガイド」に進む
会社設立のための厳選された行政書士・司法書士等をご案内「会社設立エージェント」に進む
当サイトの無断転載、内容・構成・デザインの無断コピーを禁じます